トップ

マンション経営の知識

ワンルームマンション経営の利点

ワンルームマンション経営の強み

近年、副収入として、老後の安定収入を見越して、またファミリー世帯よりも単身者世帯の数が上回っており、とりわけ都市部ではワンルームマンションの需要が高まっているといった時代の流れを受けて、ワンルームマンション経営に関心を寄せる男女を問わず若い世代の人たちが増えています。
マンション経営の知識ならこちら。

ワンルームマンション経営について考えるきっかけとしてワンルームマンション経営のメリット。そしてデメリット。賢いマンション管理の方法などを理解しておきましょう。

ワンルームマンション経営のメリッットにはどのようなものがあるのか?
初期投資金額が少なくて済む。普通の鉄筋コンクリートマンションなら土地と建物で1億から2億円の購入金額になりますが、ワンルームマンションなら建物のみで都心の人気のある地区で1500万円程度、都心から少し離れた場所なら1000万円以下でも購入できます。また月々の家賃収入をローン返済の資金に充てることも可能です。

収益性が高い(利回りがいい)。
銀行に預金していても利息が0.01%程度という中で、一般的にワンルームマンションの利回りは平均5%の高利回りで、安定した資産運用を期待できます。

私的年金としての活用。
家賃収入をローン返済に充て、定年前にローン完済できたなら、それ以降の家賃収入は、私的年金として自分の生活のために活用できます。

生命保険でローンが完済できる。
もしローンでマンションを購入する場合、団体信用生命保険に加入する必要があるので、ローン返済中に自分が死亡したとしても、保険金でローンを一括返済できます。その後、遺族がそのまま家賃収入を得るか、不動産を売却するか選択可能です。

経営管理に手間がかからない。
一般のファミリータイプ向けマンションなどでは、入居者の管理、建物の点検・修繕に費用が掛かります。しかしワンルームマンションはマンション管理会社が管理するので、毎月一定額の決まった管理費、修繕積立金を払うだけで管理の手間がかからないというメリットがあります。

若い時に始めると、老後の生活にも有利な影響が及ぶ可能性もあるワンルームマンション経営、ぜひこの機会に真剣に考えてみるのもありかもしれません。

Copyright © ワンルームマンション経営の利点. All rights reserved.